dhaoole のすべての投稿

就活や転職で内定の承諾を早く迫られる企業は選ばない方が良い?

就活や転職において内定を取ることも大変かもしれませんが、内定を取った後も人によっては大変というケースもあります。

というのも、複数の内定を取る可能性があるからです。そして、複数の内定を取った場合には、その中からどの企業を選ぶか?という選択を迫られます。

また、複数の内定を取っていなくても、内定を1つ取った後に就活や転職活動をまだ続けたいと思っているという人もいます。

どちらのケースにしても、そういったときにはすでに取った内定への返事を迷うことになると思うのです。こういうシーンにおいてはすでに取った内定について、会社からいろいろと催促をされる可能性があります。

というのも、内定を出した会社からすると自社に来てほしいという思いがあるでしょうし、早く決断してほしいという事情はあります。

決断が遅くなればなるほど、その人が入社してくれなかったときに備える必要があるので、会社としても返事は早くしてほしいという思いがあるのでしょう。

だから、会社によっては内定を承諾するのか?どうかの返事を早急に迫ってくる可能性があるのです。

したがって、その部分は内定を貰った人はちゃんと注意をして聞いておかないといけません。

また、そういったときの企業の対応の仕方で、選ぶべき会社か?どうかというのも決まってきますから、内定後に企業がどういう対応をするか?という部分はちゃんと頭に入れておくということも大切ですけど、それは内定を承諾するか?どうかを決めるときの基準にもしていきましょう。

というのも、早く返事を迫る企業というのはどうしても信用できません。

企業の事情があるのは分かりますが、同じことは就活や転職活動をしている人にも言えるわけで、こっちの都合も優先させてほしいというのが本音でしょう。

つまり、企業の事情を主張するのは当然かもしれないが、早急に返事を要求する会社は、それだけ労働者よりも企業の事情を優先し、働かせるところかもしれないのです。

そうなると、そういった企業に入社するのはリスクがあると思われますから、気を付けた方が良いのかもしれないです。

自分にとって望ましい企業を見つけるときに、労働者にどれだけ配慮してくれるか?も重要でしょうから、そういう意味では内定を承諾するか?どうかの返事をできるだけ待ってくれる企業は、それだけ望ましい企業という評価ができるのではないか?と思います。

自分が働きやすい会社を選ぶというときには、内定後の企業の対応の部分も選ぶときの材料にしていくと良いのです。

就活や転職での最後の逆質問のやり方のコツ

就活にしても、転職にしても面接の最後は逆質問という、面接を受けている側が質問できる時間が用意されていると思います。

そういった状況でどういう質問をするのか?というのが、その面接の合否を分けることがあるので、しっかりと事前に考えておいてほしいのです。

何を聞くか?というのも重要ですが、どういう方向性で質問をするか?という点がまず大切になります。

この場で聞くべきことは、本当に聞きたいことを質問するというよりは、面接官の印象を良くするような質問をした方が良いと思うのです。

つまり、最後の最後まで自分のアピールとして利用すべきということになります。残業は多いですか?離職率はどれくらいですか?

気になることがある人もいると思いますが、そういったことを聞いても評価は上がりません。むしろ、労働環境を気にする人なのか?きつい仕事が嫌いなのか?という疑念を抱くことがあります。

そうなると、採用確率は減ると言えるのではないでしょうか?そういったことを聞いておくことは重要ですが、受かることを1番に考えるのであれば、違った角度から質問をした方が良いと言えます。

こういう逆質問というのは、質問をしているようでアピールになっているような、面接官の印象をアップさせるような効果的なことを聞くのが良いと思います。

例えば、その会社で働くうえで1番必要な能力や技術は何か?というのを質問した場合、一見普通の質問に見えるかもしれませんが、実はこれは良いアピールになっていると言えるのです。

なぜならば、自己研鑽をしようという姿勢が感じ取れるからです。

その会社で働くうえで大切な能力、技術を聞いているということは、それを教えてもらえれば、それを実際に身に付けようとするのではないか?という予想ができるからです。

つまり、質問の内容自体が会社にとって採用したいと思える人材に近づこうとしている努力をする姿勢に思えるわけです。

したがって、そういった面が見えれば面接官としても評価してくれる可能性があります。

こういう質問の仕方をする人は、実際そこまで多くないかもしれませんから、そこで他の就活生や転職組の人たちに差がつく可能性があるのです。

就活や転職での面接はほぼ間違いなく最後にこういった質問をされると思いますが、そのときには自分が聞きたいことを質問する場ではないと思った方がよくて、いかに面接官の自分に対する評価をアップさせられるか?ということを考えた方が良いと思います。

就活の会社説明会で満席表示から参加する方法とは?

就職活動をしていると、会社説明会に参加したいができないというケースに遭遇することもあるかもしれません。

そういったときには諦めてしまう学生もいると思いますが、志望順位が高いような企業の場合には、参加できるチャンスがあるならば、したいと思う人が多いと思うので、インターネット上以外で会社説明会に申し込み、参加権を得る方法を考えると良いと思います。

今の就職活動では会社説明会の予約などはインターネット上から行うことが大半で、それで無理だと諦めてしまう人もいると思いますけど、実はもっとアナログな方法で参加権を得られる可能性があるのです。

それが電話をするということです。自分でその企業に連絡をとって、参加させてもらえませんか?と電話すると、場合によっては参加が可能になることがあります。

それは会社からすれば、インターネット上から会社説明会の予約をした人たちが、全員当日来るとは思っていないからです。

予約締め切り日から当日までにキャンセルする人が出るでしょうけど、当日までキャンセルをしていないのに、当日来ないという人がいるというのは、どこの企業でもある程度起きていることだと思うのです。

したがって、インターネットから予約をしていない人の参加を認めても、その人数がよほど多すぎない限りは、当日問題なく参加ができるという状況になると思われます。

そういった部分を見込んで、電話で会社説明会への参加の許可をとろうとすると、あっさりOKしてくれることがあるので、この方法は覚えておくと良いと思います。

もちろん、全部の企業で成功するわけではないです。

だから、そういう手段をとっても参加できないという可能性はありますが、やってみる価値はあると思います。

やはり直接電話をすることで、それだけその会社に入りたいという熱意が伝わる可能性もあり、結果的にそういう行動によって名前を覚えてもらえるという意味もありますから、もし会社説明会に参加できて、選考に進んだときには有利になることも考えられます。

そういうメリットもあるので、電話を通じて会社説明会への参加の許可をとるという手段はかなり有効性があると言えると思います。

会社説明会に予約をしようと思ったが、満席で予約ができなかったというときには、別日程があるのであれば、まだチャンスはあると言えると思いますけど、そうじゃない場合もあるので、そういうときには直接会社に電話をして参加させてもらえないか?と尋ねる方法をとってみると良いでしょう。

就活 始め方

会社説明会は内定へ近づくチャンス 当日にするべき事

就活を始めるにあたり、会社説明会に参加する事は内定に近づけるチャンスです。では会社説明会ではどのような点に注意しておけばいいのでしょうか。

・社員の名前を覚えておく

説明をしてくれた社員、案内をしてくれた社員の名前は必ずにその場でメモに取り覚えるようにします。

すると説明終了後に質問がしやすくなります。また後日、面接などで再び会った時に、キチンと挨拶をする事ができるのです。

エントリーシートや面接試験の時には、話を伺った人の名前を挙げれば、説得力が生まれます。

・メモを取る事

ノートを持っていき、どの社員がどのような事を話していたのか、大事なポイントはメモをしておきましょう。

エントリーシートを書く時にも参考にできます。面接での話題にする事もできるでしょう。

・志望先が同じ学生と話してみる

説明会は志望先が似ている学生と情報交換する機会とも言えます。

そのためには休憩の時間には周りの学生に話しかけてみます。情報交換する事で自分が気づいていない事に気づける事がありますし、知らなかった情報を得る事もできます

メールアドレスなどを互いに教えあえば有益な情報網にもなります。

・志望企業でない企業もまわる

合同企業説明会では志望業界以外の情報を手に入れて、視野を広げる事ができるチャンスと捉えましょう。

そこで、志望企業と志望していない企業を交互にまわります。いろいろな業界、企業に詳しくなる事ができて、志望企業の特徴もはっきりとします。

また予期せぬ魅力ある企業に出会えるかもしれません。

・社員に質問する事

説明の中でもより詳しく知りたい事には必ず質問するようにします。

深く掘り下げて聞いておけば、高い評価を得る事ができる志望理由や自己PRを作る事ができるようになります。

なお、社員と話をする事で、面接の時の緊張感もほぐれますし、顔見知りになる事で目が合った時に励ましの言葉をかけてくれる事もあります。

・終了間際に再び訪問する

普通なら説明会の中盤以降では来る学生よりも帰る学生が多くなります

。終了時間間際になると、学生の数はピークよりもかなり少なくなっています。そこで志望度が高い企業には2度目の訪問をしてみましょう。

1度目は慌ただしくて聞き逃していた事も、2度目ならしっかりと聞けて、メモを取る事ができます。

それに、社員に再び質問すれば、あなたの存在感を強く残す事ができるのです。

会社説明会は公式的には会社の仕事内容、経営方針、今後の受験の仕方などを教える場とされています。

しかし、企業側は実は説明会に来たものの中で、将来有望な人はいないか探しています。

会社説明会には企業側のそのような意図もあるので、気を抜く事はできないのです。